フラッシュモブの意味

プロのパフォーマーが行うものや素人が集まって行うイベントとして有名になりつつあるのがパフォーマンスサンプリングへやフラッシュモブです。
(パフォーマンスサンプリングについてば別のページで紹介しています。パフォーマンスサンプリングへ

フラッシュモブとは、多くの人がインターネットやEメール(日本では匿名掲示板が多い)などで呼びかけあって、ある特定の場所に短時間集まり、目的を達するとすぐ解散するイベントを言います。
本来フラッシュモブに政治的な意味は含まれず、芸術的な目的や祭の要素が強いようです。インターネットのオフ会などとはごく短時間であることが大きな違いです。
それ以前から似たような活動もありましたが、2003年にニューヨークで企画された一件が発端とされています。これはニューヨークの駅に集まってバレエダンスをするという内容でした。
これを真似て世界各地でフラッシュモブが行われるようになりましたが、この2003年を発端とするフラッシュモブは不特定多数が参加するのですが、Eメールで招待された人が参加するという形をとっています。
また無目的に集まるという特徴もあり、2003年以前からあるものとは違うとする考え方もあります。
以前よりあるものの例としては、2チャンネルの大規模オフ会やインターネットで呼びかけられた反戦デモなどです。

対して2003年を発端とするフラッシュモブで多く行われているのは、フラッシュモブダンスともよばれているダンスを行う集団や街中に突如オーケストラがあつまって演奏する楽器演奏もあります。
羽田空港で東北支援の為にフラッシュモブで第九演奏が行われたこともありました。
現在ではビジネスへも発展し、企業が運営するフラッシュモブ企画も増えています。

フラッシュモブのイメージについてはこのサイトに動画がありますので見てみて下さい。⇒モブエージェントになる

サブコンテンツ

このページの先頭へ